User-agent: Mediapartners-Google* Disallow: 日記   ニュース  スポーツ:ニュース、Jリーグ サッカー

日記   ニュース  スポーツ

俊輔2発起点で勝利貢献


俊輔2発起点で勝利貢献  やはり俊輔の存在はおおきな。 ゲー

ムをつくれるし、フリーキックは相手にとっては驚異だろう。 今の全

日本には俊輔、遠藤ははずせないだろう。 岡田監督よ若手とベテ

ランをうまく配置してくれよ。

セルティックMF中村俊輔(29)が2得点の起点となる活躍で、3試

合ぶり勝利に貢献した。右MFとして先発出場。前半17分にはFK

が、同30分には右サイドからのクロスが、それぞれゴール前の混

戦を呼んで得点につながった。またこの試合ではMF水野晃樹(2

2)も、セルティック加入後初のベンチ入りを果たした。
引用元=http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20080414-347950.html

日記   ニュース  スポーツ

ロナウジーニョ構想外



ロナウジーニョ構想外!?ベティス戦メンバーから外れる


ロナウジーニョ日本でプレー!? ジィーコのように!ならないだろ

うか?

 バルセロナのブラジル代表FWロナウジーニョが29日、ベティス戦

のメンバーから外れた。ライカールト監督は「今も痛みを抱えてお

り、回復の途上にある」と足の負傷を理由としたが、チーム医師はプ

レーに問題なしとしており、同監督との確執が原因とみられる。元バ

ルサ監督のレシャック氏はスペイン紙に「ロナウジーニョの時代は

終わった」と発言。今季限りでの退団がさらに現実味を帯びてきた。

引用元=http://www.sanspo.com/soccer/top/st200803/st2008033004.html

日記   ニュース  スポーツ

岡田監督大リストラ!

山瀬も川口も?岡田監督大リストラ

初黒星を喫した岡田ジャパンに粛清の嵐が吹く。W杯アジア3次

予選のバーレーン戦に0―1と敗れた日本代表が27日に帰国。

国内組による現メンバーでの戦いに限界が見えており、岡田武

史監督(51)は大幅なメンバー入れ替えと方針転換を口にした。

自身の進退も懸かる6月の「W杯予選4連戦」に向け、なりふり

構わず出直しを図る。

 レンズの奥で、目が泳いでいた。成田空港に到着した岡田監督

は関係者5人に厳重に囲まれ、ハイヤーに乗り込んだ。異様な

緊張感とともに向かった先はU―23日本代表の試合が行われ

た国立競技場。惨敗からわずか12時間。休む間もない選手探し

の“旅”が、粛清の嵐を予感させた。

 「高い月謝(遠征費)を払ったのに。負けたからではないが、選

手の入れ替えは当然だ」。指揮官は強い口調でリストラを示唆し

た。28日には早速、代表スタッフ会議を開く意向。「やり方を変

える。戦い方を変えようと思う。僕の考えを伝える」と明言。だ

が、具体案を問われると、人さし指を口に当てながら「シーッ」と

おどけ、群がる報道陣をあ然とさせた。

 完全に迷走している。1月の初合宿で4―3―3に挑戦。紆(う)

余曲折を経てバーレーン戦では3―5―2を初実践したが、ある

主力は「蹴る人、つなぐ人。意思がバラバラ」とこぼし、途中出場

で流れを変えた遠藤も「(先発落ちは)戦術のためと言われた。

それで勝てればいいけどね」と辛らつに皮肉った。日本を進化さ

せた人とボールが動くオシムサッカーは残念ながら後退した。求

心力にも陰りが出てきた。

 バーレーン戦で浮き彫りとなった国内組の限界。既に田嶋専務

理事がボルフスブルクの長谷部を極秘訪問するなど、6月の4連

戦では中村、松井、稲本ら、欧州組の大量招集が決定的だ。ベ

ンチ外だった内田、精彩を欠いた山瀬、川口ら、岡田監督お気に

入りの選手たちも粛正の例外ではない。当然、指揮官も今後は

「進退問題」と隣り合わせの戦いを強いられる。岡田ジャパンが

早くも崖っ縁に立たされた。

引用元=
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080328-00000020-spn-spo

日記   ニュース  スポーツ

浦和3連敗! サポーターに怒り爆発!


浦和、開幕公式戦3連敗&無得点!サポーターの怒り爆発!

 ナビスコ杯予選リーグ第1節(20日、浦和0−1神戸、埼玉)サポ

ーターの怒りが爆発した。ゲルト・エンゲルス新監督(50)の初陣と

なった浦和は神戸に0−1惜敗し、今季公式戦3連敗。試合後には

約4000人のサポーターが居残り、開幕2試合でホルガー・オジェッ

ク監督(59)を解任した藤口光紀社長(58)、中村修三GM(49)ら

フロントに罵声を浴びせた。状況を好転させるには、結果を出すし

かない。

 灰色の雨雲に包まれた埼玉スタジアムに怒声が響き渡る。0−1

で敗れ、今季公式戦無得点の3連敗。サポーターの怒りは、フロント

陣へと向けられた。

 「フロント、GMの無能さには呆れるばかり。監督を切ってそれでO

Kか?今やるべき事は勝つだけでなく応援したくなるプレイを見せる

事。それを怠ればファンは離れていくぞ」

 試合後、約4000人のサポーターが陣取ったゴール裏には、赤い

文字でこう書かれた約80メートルの横断幕が掲げられた。

 さらにサポーターはフロントに事情説明を要求。スタンド下に赴い

た藤口社長と中村GMに対して「おれたちは名前で踊るほどばかじ

ゃない」「フロントを補強しろ」「ワシントンを呼び戻せ」などと約50分

間、痛烈な言葉が浴びせた。

 確執のあったFWワシントンを放出してまで支持することを決めた

オジェック監督を今季、わずか2試合で解任。藤口社長は「これ以上

チームがボロボロになるのを防ぐために。早めに対処した」と説明し

たが、方針が混乱しているととられても仕方がない。補強した日本

代表FW高原、FWエジミウソンらが結果を出していないことも、サ

ポーターの不満を募らせた。

 「監督が代わって彼らにも不安があるだろうし、何をやっているん

だという気持ちがあると思う。それを真摯(しんし)に受け止めたい」

と藤口社長。中村GMも「“WE ARE REDSと言わない”といわれ

たことが一番心に残っている。早くコールしてもらえるように頑張る

だけです」。前身の三菱重工でプレーヤーだった2人は神妙な面持

ちだった。

 シュート数は神戸の7本に対して13本と、試合内容は改善されて

いる。エンゲルス新監督も「頑張っていない選手、動いていない選

手はいない。こういうサッカーを続ければ勝てると思う」。次戦は23

日のナビスコ杯・京都戦(西京極)。サポーターの怒りを静めるため

にも、勝つしかない。
引用元=http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080321-00000009-sanspo-spo

日記   ニュース  スポーツ

浦和開幕連敗!


浦和開幕連敗!オジェック監督解任へ…J1第2節第1日


 ◆J1第2節 浦和0−2名古屋(15日・埼玉スタジアム) Jリーグ

の王座奪回を目指す浦和は、ホームの名古屋戦で0−2で完敗。0

2年以来となる屈辱の連敗スタートで17位に沈んだ。ホルガー・オ

ジェック監督(59)は連係不全の日本代表FW高原直泰(28)を前

半で見切る強行手段に出たが、2試合連続完封負け。クラブ首脳陣

が試合後、緊急幹部会を開く緊張状態に突入した。20日のナビス

コ杯、対神戸戦の結果次第では無策の指揮官更迭は避けられない

情勢となった。

 埼玉スタジアムに鳴り響く怒号のようなブーイングが、容赦なく突

き刺さった。J王座奪回を狙う赤い悪魔が昨季25試合連続無敗のJ

記録を誇った無敵の牙城(がじょう)で名古屋に完封負け。まさかの

開幕2連敗だ。

 「サッカーになっていない」左太もも裏肉離れでスタンドで惨状を

見つめたDF闘莉王の言葉通りだった。前半14分、FWヨンセンに

先制弾を許すとリズムを失った。FW玉田のドリブルにDF陣は何度

も翻弄(ほんろう)され、攻撃の形はMF相馬の突破のみ。「前半は

何が何だか分からなかった」とDF堀之内も漏らした。リズムを取り

戻したと思えた後半23分には、GK都築が痛恨のスローミスで2点

目を献上した。

 だが、「クリスマスプレゼントのような失点」と毒づいたオジェック監

督の無能こそが、敗因のすべてだ。打開策に「ひたすらプレスをか

けて前線に飛び出すしかない」と強調したが、昨季の監督就任後、

プレスのかけ方などの戦術練習はゼロ。「プレス? 監督から指示

はない」とある主力が嘆いた。求心力のなさが露呈した。太もも裏の

違和感でメディカル側から投入を制されたFW田中達をベンチに置

き、控え枠も無駄にした。

 「監督の求める選手とスケジュールでやっている。去年とは違う」

と中村修三GM。合計年俸約3000万円の名古屋の4バックに対

し、自らの希望で今季獲得した高原とエジミウソンの年俸は合わせ

て3億2000万円。年収10%以下の4バックに完全に沈黙した。高

原を前半で見切る強行作戦も実らなかった。

 昨年10月7日の大分戦以来、ホームで白星なし。リーグ戦は7試

合も勝ちがない。首脳陣は試合後、緊急幹部会を開いた。「(監督と

は)黙ってサヨナラはできない」と強化幹部。近日中に指揮官から事

情聴取をする方針だ。20日のナビスコ杯、神戸戦で再び醜態をさら

せば、更迭は不可避。その場合はブッフバルト体制の04年から参

謀役を務め、選手と信頼関係の深いエンゲルス・コーチ(50)の昇

格が現状で最有力。王者の早期復活には非情のテコ入れしかない

のか。
引用元=http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080316-00000093-sph-socc

日記   ニュース  スポーツ

いよいよ春のJ1スタート!



      いよいよ春のG1スタート!   

24日に東京競馬場で行われるフェブラリーS(4歳上、GI・ダート

1600m)の前日オッズ(23日17時30分現在)がJRAより発表された。

 単勝オッズは、ドバイワールドC(首G1)を目指すヴァーミリアンが

2.2倍で1番人気。根岸S(GIII)を勝ったワイルドワンダーが5.3倍で

2番人気、川崎記念(交流GI)でGI初制覇を果たしたフィールドルー

ジュが6.2倍、O.ペリエ騎手騎乗のロングプライドが9.2倍で、ここま

でが10倍以下となっている。


ヴァーミリアンは昨年は始動レースの川崎記念(交流G1)を圧勝す

ると、世界の強豪が揃ったドバイWC(国際G1)で4着。その後は復

帰戦のJBCクラシック、ジャパンCダート、東京大賞典とG1を3連勝

し、昨年の最優秀ダート馬に選出された。基本的に2000M前後で

使われることの多い当馬も、直線の長い東京コースならば距離短縮

に対応できる可能性は十分。先月の川崎記念を回避するなど一頓

挫あったことは確かだが、名実共に日本のダート王として参戦する

以上、ここで無様なレースをするわけにはいかない。キッチリと力を

見せ付け、万全の体勢でドバイへ向かいたいところ。

引用元=http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20080223-00000012-kiba-horse

日記   ニュース  スポーツ

日韓戦はがらがらだよ!


    日韓戦はがらがらだよ!  北京オリンピックはどうなるかな?

東アジア選手権合宿(22日、中国・重慶)23日の東アジア選手権

日本−韓国戦で中国人主審が起用される可能性が高いことが分か

った。そんな状況で、GK川口能活(32)=磐田=が今大会3試合

目にして初出場。同じく重慶で4試合を戦った04年アジア杯で鬼神

の活躍をみせるなど、完全アウェーほど燃える男が、岡田ジャパン

に初タイトルをもたらす。

 再び“重慶の笛”が吹かれるのか−。岡田ジャパンは昨年のアジ

ア杯3位決定戦で敗れた韓国と、中立地・中国での再戦。しかし“完

全アウェー”になる可能性が高まった。

 日本サッカー協会の川淵キャプテンはこの日、東京で「おそらく(韓

国戦は)中国人のレフェリーになるだろう」とした上で、「日本に有利

な判定はあり得ないだろう」とコメント。さらに「ぼくが希望するのは、

選手をけがさせるようなラフプレーをさせない、そんな笛を吹いてほ

しいということ」と話した。

 そんな中、日本の守護神が、満を持して重慶のピッチに立つ。今

大会3戦目にして川口の今大会初先発が濃厚。伝統の日韓戦に気

合十分だ。

 「過去の歴史もあるし、そういう状況、雰囲気が出てくる。それ(ラ

イバル関係)に対する期待があるのもわかるし、期待に応えたい気

持ちは強い」

 04年のアジア杯で日本が1次リーグを含め4試合を戦った重慶で

は当時、国歌斉唱の際にブーイングが起きるなど反日騒動が勃発

し、国際問題となった。その重慶で行われた準々決勝・ヨルダン戦

のPK戦で7本中4本を止めるなど、“逆風”の中でジーコ・ジャパン

をアジア杯優勝に導いた川口。日本はその勢いをW杯予選突破に

結びつけた。

 今大会、20日の中国戦では相手のラフプレーに加え、北朝鮮人

主審の不可解な判定に苦しめられた。試合終盤にはスタンドで発煙

筒がたかれ、ペットボトルが投げ込まれた。ピッチで向かい合う韓国

だけが敵ではない。再びの“大逆風”が予想されるが、今回も川口

が岡田ジャパンに初タイトルをもたらす。

 チーム最年長のベテランだからこそ、アウェーでの戦いも知り尽く

している。初めてアウェーを実感したのは、くしくも岡田監督の初陣

となった97年10月のウズベキスタン戦だという川口。年月と経験を

経て、今では若手に的確にアドバイスを送る存在だ。

 出場すれば、32歳192日での代表戦となり、GKとしては歴代4

位。3位は松永成立氏の32歳198日。横浜M、そして日本代表で

正GKの座を継いだ大先輩に、肩を並べようとしている。

 「(今大会は)自分たちが成長するための過程。ただ、過程で手を

抜いては絶対にいけない。タイトルがかかっているんで、絶対に優

勝したい」。

 前回、アジア杯での韓国戦ではPK戦の末に敗れた。世界を知る

熱い男が、リベンジとともに岡田ジャパンを頂点に導く。

引用元=http://sports.yahoo.co.jp/news/20080223-00000012-sanspo-spo.html

日記   ニュース  スポーツ

日本がUAEに快勝!


日本がUAEに快勝=アジア男子ハンドボール

日本の実力がこの大会で試されるだろう! 中東の笛なしで、どれく

らいまで実力を発揮できるか?

韓国の実力は国際的にも認められているから、あとは、日本がどこ

からも文句がでないような内容を示せるかだな!

ハンドボール男子の世界選手権予選を兼ねたアジア選手権は20

日、イランのイスファハンで1次リーグが行われ、B組の日本はアラ

ブ首長国連邦(UAE)に44−27(前半21−17)で快勝し、1勝1敗1

分けとした。韓国はサウジアラビアに31−30で勝ち、3連勝で決勝

トーナメント進出を決めた。

 A組ではクウェートがレバノンを29−22で破って3連勝。バーレー

ンは中国に35−29で勝って2勝1敗とした。
 
引用元=
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080221-00000074-jij-spo

日記   ニュース  スポーツ

セルテック逆転負け!

          セルテック逆転負け!
   

中村、得点機作れず セルティックも逆転負け

チャンピオンズリーグは現地時間20日(以下現地時間)、決勝ト

ーナメント1回戦ファーストレグの残り4試合が行なわれ、中村俊

輔と水野晃樹の所属するセルティック(スコットランド)はバルセロ

ナ(スペイン)とホームで対戦し、2対3で逆転負けを喫した。

 先発フル出場を果たした中村だったが、この日は得点に絡むこ

とはできず。また、ゴール前から直接FKを狙えるシーンもなく、見

せ場を作ることはできなかった。水野はベンチ入りメンバーから

も外れている。

 セルティックの次戦は24日、国内リーグでアウェイでセント・ミレ

ンと対戦する。
引用元=http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080221-00000014-ism-socc

日記   ニュース  スポーツ

亀田興毅&大毅解雇も!


亀田興毅&大毅解雇も

協栄ジムの金平桂一郎会長(42)が18日、亀田3兄弟の長男・興

毅(21)と二男・大毅(19)が所属する亀田プロモーションに活動自

粛を要求する意向を示した。この日に都内で行われた東日本ボクシ

ング協会理事会に出席し、2人への管理を徹底するよう要請されて

決断。亀田プロモーションとの交渉が決裂した場合、2人の解雇も

辞さない構えだ。

 亀田プロモーションの活動を優先させる興毅と大毅に、金平会長

の我慢も限界に達した。「現在は管理の目が届かないのが実情。

(自分の許可なしに)亀田プロモーションさんが仕事を取ってきて

(指導が)難しい部分がある。どう整合性をとるか、非常に悩むとこ

ろです」。2人への指導を徹底するために、亀田プロとの話し合いは

不可避となった。

 昨年10月に父・史郎さん(42)がセコンドライセンス無期限停止

処分を受けて指導から身を引いたはずだったが、それでも金平会長

は2人をコントロールできなかった。現在も2人がジムに顔を出すこ

とは少なく、興毅は頻繁にメキシコ合宿を敢行。大毅も12日に茨

城・霞ケ浦高レスリング部を訪問したときに、1月27日に自らが起こ

した乗用車の接触事故について「車って、ぶつけるもんやんか」と不

用意な発言をしたばかりだった。

 この日の東日本ボクシング協会理事会では、全理事の総意により

大橋秀行会長が2人への管理を徹底するよう金平会長に口頭で要

請。大橋会長は「これ以上管理ができないようなら、もっと強い態度

で臨まなくてはいけない」と険しい表情で話した。

 金平会長は今後、史郎さんが社長を務める亀田プロに対し、ジム

主導型への転換を求めて交渉する意向。だが協栄サイド、亀田プロ

とも妥協点を見いだすのは難しく、指導態勢やマッチメークの主導

権争いでもめるのは必至な状況。話し合いが平行線をたどった場

合、金平会長は「あらゆる可能性を否定しない」と断言。最悪の場

合、興毅、大毅の2人を解雇する可能性が再び出てきた。

引用元=http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080219-00000030-spn-spo

1 2 3 4 >>


Powered by Seesaa