User-agent: Mediapartners-Google* Disallow: 浦和3連敗! サポーターに怒り爆発!:ニュース、Jリーグ サッカー

ニュース、Jリーグ サッカー > 日記   ニュース  スポーツ > 浦和3連敗! サポーターに怒り爆発!

日記   ニュース  スポーツ

浦和3連敗! サポーターに怒り爆発!


浦和、開幕公式戦3連敗&無得点!サポーターの怒り爆発!

 ナビスコ杯予選リーグ第1節(20日、浦和0−1神戸、埼玉)サポ

ーターの怒りが爆発した。ゲルト・エンゲルス新監督(50)の初陣と

なった浦和は神戸に0−1惜敗し、今季公式戦3連敗。試合後には

約4000人のサポーターが居残り、開幕2試合でホルガー・オジェッ

ク監督(59)を解任した藤口光紀社長(58)、中村修三GM(49)ら

フロントに罵声を浴びせた。状況を好転させるには、結果を出すし

かない。

 灰色の雨雲に包まれた埼玉スタジアムに怒声が響き渡る。0−1

で敗れ、今季公式戦無得点の3連敗。サポーターの怒りは、フロント

陣へと向けられた。

 「フロント、GMの無能さには呆れるばかり。監督を切ってそれでO

Kか?今やるべき事は勝つだけでなく応援したくなるプレイを見せる

事。それを怠ればファンは離れていくぞ」

 試合後、約4000人のサポーターが陣取ったゴール裏には、赤い

文字でこう書かれた約80メートルの横断幕が掲げられた。

 さらにサポーターはフロントに事情説明を要求。スタンド下に赴い

た藤口社長と中村GMに対して「おれたちは名前で踊るほどばかじ

ゃない」「フロントを補強しろ」「ワシントンを呼び戻せ」などと約50分

間、痛烈な言葉が浴びせた。

 確執のあったFWワシントンを放出してまで支持することを決めた

オジェック監督を今季、わずか2試合で解任。藤口社長は「これ以上

チームがボロボロになるのを防ぐために。早めに対処した」と説明し

たが、方針が混乱しているととられても仕方がない。補強した日本

代表FW高原、FWエジミウソンらが結果を出していないことも、サ

ポーターの不満を募らせた。

 「監督が代わって彼らにも不安があるだろうし、何をやっているん

だという気持ちがあると思う。それを真摯(しんし)に受け止めたい」

と藤口社長。中村GMも「“WE ARE REDSと言わない”といわれ

たことが一番心に残っている。早くコールしてもらえるように頑張る

だけです」。前身の三菱重工でプレーヤーだった2人は神妙な面持

ちだった。

 シュート数は神戸の7本に対して13本と、試合内容は改善されて

いる。エンゲルス新監督も「頑張っていない選手、動いていない選

手はいない。こういうサッカーを続ければ勝てると思う」。次戦は23

日のナビスコ杯・京都戦(西京極)。サポーターの怒りを静めるため

にも、勝つしかない。
引用元=http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080321-00000009-sanspo-spo

<<<センバツ>22日開幕! | ニュース、Jリーグ サッカートップへ | メタボ検診はじまる。>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa