User-agent: Mediapartners-Google* Disallow: 浦和開幕連敗!:ニュース、Jリーグ サッカー

ニュース、Jリーグ サッカー > 日記   ニュース  スポーツ > 浦和開幕連敗!

日記   ニュース  スポーツ

浦和開幕連敗!


浦和開幕連敗!オジェック監督解任へ…J1第2節第1日


 ◆J1第2節 浦和0−2名古屋(15日・埼玉スタジアム) Jリーグ

の王座奪回を目指す浦和は、ホームの名古屋戦で0−2で完敗。0

2年以来となる屈辱の連敗スタートで17位に沈んだ。ホルガー・オ

ジェック監督(59)は連係不全の日本代表FW高原直泰(28)を前

半で見切る強行手段に出たが、2試合連続完封負け。クラブ首脳陣

が試合後、緊急幹部会を開く緊張状態に突入した。20日のナビス

コ杯、対神戸戦の結果次第では無策の指揮官更迭は避けられない

情勢となった。

 埼玉スタジアムに鳴り響く怒号のようなブーイングが、容赦なく突

き刺さった。J王座奪回を狙う赤い悪魔が昨季25試合連続無敗のJ

記録を誇った無敵の牙城(がじょう)で名古屋に完封負け。まさかの

開幕2連敗だ。

 「サッカーになっていない」左太もも裏肉離れでスタンドで惨状を

見つめたDF闘莉王の言葉通りだった。前半14分、FWヨンセンに

先制弾を許すとリズムを失った。FW玉田のドリブルにDF陣は何度

も翻弄(ほんろう)され、攻撃の形はMF相馬の突破のみ。「前半は

何が何だか分からなかった」とDF堀之内も漏らした。リズムを取り

戻したと思えた後半23分には、GK都築が痛恨のスローミスで2点

目を献上した。

 だが、「クリスマスプレゼントのような失点」と毒づいたオジェック監

督の無能こそが、敗因のすべてだ。打開策に「ひたすらプレスをか

けて前線に飛び出すしかない」と強調したが、昨季の監督就任後、

プレスのかけ方などの戦術練習はゼロ。「プレス? 監督から指示

はない」とある主力が嘆いた。求心力のなさが露呈した。太もも裏の

違和感でメディカル側から投入を制されたFW田中達をベンチに置

き、控え枠も無駄にした。

 「監督の求める選手とスケジュールでやっている。去年とは違う」

と中村修三GM。合計年俸約3000万円の名古屋の4バックに対

し、自らの希望で今季獲得した高原とエジミウソンの年俸は合わせ

て3億2000万円。年収10%以下の4バックに完全に沈黙した。高

原を前半で見切る強行作戦も実らなかった。

 昨年10月7日の大分戦以来、ホームで白星なし。リーグ戦は7試

合も勝ちがない。首脳陣は試合後、緊急幹部会を開いた。「(監督と

は)黙ってサヨナラはできない」と強化幹部。近日中に指揮官から事

情聴取をする方針だ。20日のナビスコ杯、神戸戦で再び醜態をさら

せば、更迭は不可避。その場合はブッフバルト体制の04年から参

謀役を務め、選手と信頼関係の深いエンゲルス・コーチ(50)の昇

格が現状で最有力。王者の早期復活には非情のテコ入れしかない

のか。
引用元=http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080316-00000093-sph-socc

<<花粉症対策は食生活から! | ニュース、Jリーグ サッカートップへ | 春高バレー開幕! 春高バレー開幕!>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa