User-agent: Mediapartners-Google* Disallow: 花粉症の症状をおさえるには!:ニュース、Jリーグ サッカー

ニュース、Jリーグ サッカー > 花粉症 > 花粉症の症状をおさえるには!

花粉症

花粉症の症状をおさえるには!



<花粉症の発症を抑えるには?>
乳酸菌食品をとる
 
花粉症は免疫機能の過剰反応によって起こるアレルギーの一種です。免疫細

胞には様々な種類がありますが、アレルギーの原因となる物質(IgE抗体)を

作る免疫細胞の数が増えすぎて免疫バランスが崩れると、花粉症を発症しや

すくなると考えられています。ヨーグルトに含まれる乳酸菌にはその免疫細胞

のバランスを改善する働きがあるといわれています。また、免疫に関わる細胞

がたくさん存在している腸の環境が悪化すると、免疫機能にも悪影響を及ぼし

ます。乳酸菌には腸内の善玉菌を増やして悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を

改善する作用もあります。ヨーグルトを積極的に食べるようにしましょう。

冬野菜をとる

 体が冷えると身体や内臓の働きが低下し、免疫機能を狂わせる原因となりま

す。これはアレルギー発症の要因にもなりうるため、体を冷えから守ることが

大切です。一般的に冬野菜は体を温める作用があり、ビタミンCやビタミンEな

ど冷え症に効果のある成分を多く含みます。煮物や鍋物などの温かい料理に

して食べると良いでしょう。また、れんこんやごぼうなど根菜類に豊富に含まれ

る食物繊維は、腸内環境を整え、体質の改善や正しい免疫機能を保つのに役

立ちます。
ポリフェノールをとる

 ポリフェノールといえば抗酸化作用などが有名ですが、抗アレルギー作用が

あるポリフェノールも存在します。甜茶や生姜、しそなどに含まれるポリフェノー

ルには、鼻づまりやくしゃみなどを引き起こすアレルギー症状誘発物質(ヒスタ

ミンなど)の過剰な生産を抑える働きがあるといわれています。また、加工用ト

マトの果皮に含まれるポリフェノールは、アレルギーの原因となる物質(IgE抗

体)の生産を抑える働きが期待されています。
引用元=http://www.tenki.jp/kfn/kfn8_1.html

<<なでしこジャパンやったぜ! | ニュース、Jリーグ サッカートップへ | ダイワスカーレット残念!>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa